「ピエロ」のこと嫌い?好き?さまざまあるかもしれないけど、そんなに悪いものじゃない気がする、「おかゆ」って。そんな気がしない?

「ピエロ」のこと嫌い?好き?さまざまあるかもしれないけど、そんなに悪いものじゃない気がする、「おかゆ」って。そんな気がしない?

歌手は酔っても立ち上がる

↑ページの先頭へ
枠上

息もつかさずお喋りする家族と擦り切れたミサンガ

私は、アレルギー体質で、パウダーはほとんど使用してはいけないし、洗顔石鹸も限られている。
そのことから、フルーツや飲み薬のパワーにお任せになっているが、近頃摂取しているのがゼラチンだ。
コーヒーに混ぜて、毎晩飲んでいるけれど、ちょっとは肌がハリが出てきた。
それに、飲み始めてから実感するまで即効性があったので、嬉しかった。

涼しい休日の晩は想い出に浸る
水滸伝の北方版の人間味あふれていて凛々しい作中人物が、オリジナル水滸伝の108星になぞらえて、主な登場キャラクターが108人でてくるが、敵方、政府側の登場人物も人間くさいのがいて、血が通っていると思える。
登場人物に人間くさいもろさが見えるのもそして、心がひかれる理由だ。
心が弱いなりに自分の目標とか将来の為になるべく頑張っているのが読みあさっていて心ひかれる。
読みふけっていておもしろい。
それなのに、魅了される人物がひどいめにあったり、希望がなくなっていく様子も胸にひびくものがあるからひきつけられる物語だ。
枠下 枠上

天気の良い平日の午後にゆっくりと

近くのショッピングセンターで夕飯の買い物をしていた。
冷凍食品コーナーで、チャーハンを探していた。
そしたら、ハングル文字が表記されている冷凍食品を探し出した。
良く見ると、韓国屋台の定番、トッポギだった。
この秋、明洞へ向かった時に、何回も韓国まで旅している友人に教えてもらったのがトッポギだ。
海を越えた日本で冷食として、トッポギが発売されてるなんて、感動ものだった。

熱中してダンスするあの子とアスファルトの匂い
知佳子の自宅のベランダで成長しているトマトは、かわいそうなトマトかもしれない。
ぎりぎりまで水を与えなかったり、ワクワクしながらミックスジュースをプレゼントしたり、オレンジジュースをあげたり。
酔っぱらった私と彼女に、カシスウーロンを飲まされたこともあり。
トマトの親である彼女は、機会があれば絶対トマトジュースを飲ませたいらしい。
もはやミニトマトの気持ちは完璧にシカト。
枠下 枠上

どしゃ降りの木曜の夜明けにひっそりと

見とれるくらい素敵な人に出会ったことがありますか?
私は一度だけありました。
電車の中で20代後半くらいの女性。
女性の自分ですが、ときめいてしまいました。
どれくらいお手入れをしているか、という本人の努力も関係すると思います。
だけど、内面から醸し出るオーラは確実に存在しますよね。
世の中には魅力的な方がたくさんいらっしゃるんだなーと感じました。

湿気の多い週末の夕暮れに友人と
友人のボーイフレンドが梅干しを販売しているとの事。
博多に本社を置き上海に店もあり、関西の方にファクトリーがある。
日本全国に、定期的に、何名かのメンバーでデモストレーションをするらしい。
夜中、こんな話を聞くと、食べたくなった。
「梅干し食べたい」と言うと、たくさんあるよ〜!と言いながら出してくれた。
このときに食べたこの梅干しが、今までで最高に美味しかった。
なんと、さっそくはちみつ梅を注文してしまった。
枠下 枠上

暑い祝日の夕方にビールを

知佳子はAさんの事が大好きだと感じられる。
Aさんも知佳子の事を大切にしている。
Aさんが出張が決まれば、知佳子も必ず一緒だし、先日は私も一泊だけ付き添った。
Aさんも知佳子も私を同じ呼び方で呼びかけるし、何か意見を求める時は、まず私に問いかけてくれる。
なぜか気にかけてくれているような感じがしてとても空気が良いと思った。

前のめりで口笛を吹く家族と電子レンジ
鹿児島の老齢の女性は、いつも毎日、花を墓所にあげているから、なので、お花がたんまり必要で、花の生産農家も多い。
晩に、バイクで駆けていると、菊の為のの光がいつも晩に、バイクで駆けていると、菊の為のの光がいつも目につく。
住まいの光源はたいそう少ない町でありながら、菊の栽培光源はよく視野にはいってくる。
電照菊明かりはすぐ視認できても人の行き来はたいそうちょっとで街灯の光もとってもわずかで、危険なので、高校生など、JRの駅まで送り迎えしてもらっている学生ばかりだ。
枠下 枠上

汗をたらして走るあなたとあられ雲

仕事の関係で、日光へ行くこととても多かった。
東京から4時間ほどの場所にある日光は栃木県にあって、内陸の県で、多くの山々に囲まれている。
もちろん、寒くなると雪が多く、除雪車やチェーンなど必要である。
秋が来ると、東北自動車道を使って2泊3日で、行って帰って、また2泊3日というパーターンが多く、テレビなどのメディアで日光市が登場すると思い出に浸ってしまう程。
「日光を見ずして結構というなかれ」という面白い言葉がある位なので、一度は行ってみてほしい所だ。
ちょっとだけ紹介させてもらうと、見どころはやっぱり東照宮。
江戸時代に活躍した家康の墓があるところで、中の厳かな様子に驚くと思う。
その他、奥日光に位置する温泉街。
硫黄泉で、濁っていて、熱めの湯。
この温泉を浴びると冷えにも良いだろうと思う。
日光東照宮が建てられたときには、この温泉を目標にかなりの人数の湯治客が集まったそうだ。
様子は想像できる歴史深いここ栃木県の日光市。
旅館の紹介も兼ね,雑誌などに多く記載されている栃木の日光に、行ってみようと考える。

息絶え絶えで大声を出す彼女と穴のあいた靴下
私は、中学生のころから高校卒業まで、あまり勉強をしてこなかった。
他の生徒たちが一生懸命に学んでいても、自身は指示された事をひたすら行うといった感じだったように思う。
なぜか、専門学校に入ってから自分の興味のある分野の勉強に変わると、知識がどばっと頭に入るようになった。
しばらくして、就職をして、見習いを経て本格的な業務になると、今度は何も言わずに学習せざるを得なくなった。
めんどくさいなんて感じる間もなく、なにがあっても勉強する数年が続いた。
このような期間をしばらく体験すると、ふと高校時代に真面目にしなかった勉強をやり直したいと考えるようになった。
今では、同じことを言っている人が友人に何人もいる。
枠下
枠下
枠上

サイト内カテゴリ

枠下
Copyright (c) 2015 歌手は酔っても立ち上がる All rights reserved.